モデルになりたいあなたへ 

AOYMA OFFICE MODEL AGENCY 小松二美

コロナ禍の自粛中のダイエット

本日テレビ番組で、コロナ禍の自粛期間中に肉体改造をし、ダイエットに成功した方達の特集をやっていました。

自粛中で家にいることが多かったため、部屋の掃除をしたり、身体の健康や、体型について見直しをする方が多かったのかと思います。

 

今はYouTubeなどで、ダイエットにいい運動や、身体にいい運動、筋トレなどたくさんの情報を見る事ができますね。

 

テレビでは、ジャパネットホールディングスの高田旭人社長が、従業員の健康のために自宅でできるロングブレスの特別メニューを美木良介氏に依頼し、動画配信していました。

従業員のかたの肩こりが改善されたなど、効果を感じたかたが多く、在宅期間中のストレスや疲労をリフレッシュできたそうです。

テレワーク中にこのような配信があると、孤独感も感じにくく、更に健康にもなれていい取り組みなのではないかと思いました。

 

わたしも3月後半から5月末までは休業手当が出たので、出勤日が減り、テレワークで自宅にいることが多くなりました。

みんなと会えない不安やストレスなど、精神的に辛い時期もあり、食欲も減ってしまったので、これを機に、ダイエットをしようと決意しました。

 

ダイエットは常に意識して毎日やっているといっても過言ではありませんが、実は今年のお正月から体重が、2〜3キロ増えていたので、みんなと会えないときに頑張りたいと思いました。

 

まずは「Smart Diet」という、体重管理アプリをダウンロードし、毎日朝晩必ず体重を測り、体重、体脂肪を入力しました。

 

食事

1 なるべく白米、パンは少なめにする。大好きなグラノーラも控えめにする。

2 飲み物は100%果汁のフルーツジュースをやめる。代わりに、無糖の炭酸水を飲む。カフェラテは牛乳少なめでガムシロップなし、など気をつける。

基本、お茶、お水を飲む様にする。

体脂肪を減らす緑茶を昼間は必ず1杯飲む。

3 間食は、なるべく控え、もし甘いものが食べたいときは、高カカオのチョコレートを少し食べる。

4 小腹が空いたときや、デザートに、ヨーグルトを毎日食べる。

5 納豆、キムチを混ぜたものを食べる。

6 マンションのエレベーターより、階段を使用する。

7 ファンケルカロリミット、大人のカロリミットを使い分けて毎日飲む。

8 YouTubeで、ヨガ、ピラティスなどの運動や、筋トレ方法などを見て試してみる。

まだまだ試したことがありますが、続きはあした、お伝えしますね。