モデルになりたいあなたへ 

AOYMA OFFICE MODEL AGENCY 小松二美

マスク着用時のメイクは?

いままでは、マスクを着用するのは、風邪、花粉症対策などがメインだったかもしれませんが、スッピンを隠すためにマスクをしていた方も多かったですよね。

特にモデルの方は、撮影に行くまでのノーメイクをかくすために着用していた方が多かったと思います。

しかし、いまはマスク着用が日常的になり、メイクをしてマスクをするのが当たり前になっていますね。

 

元々メイクは薄いほうですが、それでもマスクを着用するとなると、メイク方法も変わってきます。

夏のマスク着用時にはどのようなメイクがおすすめか?色々試行錯誤して調べたなかで、おすすめのメイクをお伝え致します。

 

1  ベースメイク

 

マスクにファンデーションがついてしまうのが嫌で、ノーファンデーションの方もいらしゃるかもしれませんが、日差しが強いので、マスクをしていても、日焼け止めは必須です。

日焼け止め、化粧下地だけでもいいかもしれませんが、飲食の際や、マスクを外すことは意外とあります。

特に、学生さんや20代の方以外は、ノーファンデも気になりますよね。

全くのノーファンデも、マスクとのこすれで、肌の刺激になってしまいます。

 

しかし、この猛暑の中、マスクの下にファンデーションをばっちり塗っているのも、汗でドロドロになってしまいますよね。

このようなとき、美容液とファンデーションが一体化しているような、薄づきのBBファンデーションなどがいいのではないでしょうか?。

 

以前このブログでも紹介しました、資生堂の「純白専科 すっぴん色づく美容液フォンデュ」はおすすめです。

敏感肌のわたしでも刺激がなく(わたし個人の感想です)、薄づきでツヤがり、密着度が高いので、マスクにもあまりつきにくくて、化粧崩れもしにくいと思います。

 

最近一日つけていますが、嫌な崩れ方もしないので、これからも使い続けたいと思います。

 

2 アイメイクにポイントを置く

 

これも皆さんされているとおもいますが、アイメイクぐらいしか楽しめませんよね。

しかし、ポイントをおきすぎて、濃すぎないよう気をつけてください。

ベースメイクがツヤ肌薄つきなのに、アイメイクが濃く太いアイラインというのも不自然です。

アイシャドーはラメ入りのブラウン系がおすすめです。

まつ毛のボリュームアップも重要です。

 

 

3  チークは見えないし、つい忘れてしましますが、

 

チークはマスクをしている分、いつもより上めにのせるのがコツです。

笑ったときに1番高くなる部分よりも、少し上めに入れることで、マスク映えします。