モデルになりたいあなたへ 

AOYMA OFFICE MODEL AGENCY 小松二美

モデルの美しい歩き方

モデルの歩き方というと、ショーモデルのウォーキングをしている姿を思い浮かべると思います。

わたしもモデルになりたての30年くらい前に、ウォーキングのレッスンに通いましたが、最近はモデル事務所に所属したら、必ずレッスンがあるとは限らないかもしれません。

ファッションショーの仕事は身長制限がありますし、モデル=ショーということは実際はあまりないので、ウォーキングを習っていない方も多いかもしれませんね。

 

わたしもショーを経験したのは、過去に一度だけなので、ほぼないといっていいくらいです。

しかしきれいな歩き方は、モデルの撮影時にポーズをとるのにも役に立ちますし、モデルではなくても、美しく見えた方がいいですよね。

しかも、美しい歩き方を意識すると、ダイエットにもつながるので嬉しいですね。

 

実はわたしは元々がに股気味で、最近も外反母趾やひざの痛みに悩まされ、正直美しい歩き方とは言えないと思います。

特にヒールを履き続けて足に痛みがあると、歩き方は崩れてきてしまうので、美しい歩き方を意識しようと思っています。

 

簡単にできる美しい歩き方のポイントをお伝えします。

 

1 靴はぺたんこのものばかりではなく、たまにはヒールのある靴を履く
2  姿勢を常に気にする
3  全身を鏡でチェックする
4 ウォーキングを1日30分以上する

正しい姿勢

ウォーキングをする上での正しい姿勢とは?

姿勢を正した状態で壁にくっついて立った時に、後頭部・肩・お尻・かかとがしっかりとくっついているかを確認したら、顎を少し引いて前へ歩きます。

 

正しい歩き方

 

足の付け根から足を出すような歩き方を意識するといいです。

ひざ下だけを使う歩き方や、足をするように歩くのは、美しくないうえに浮腫や足の疲労の原因になるので、注意してください。

わたしも疲れているとついすり足になっていることがあるので、気をつけないとと思います。

そして、線の上を歩くように、姿勢を正して真っ直ぐと歩くことを意識してみてください。

 

ダイエットや健康のために歩くのには、スニーカーがいいですが、たまにはヒールを履いて、おしりに力を入れるよう意識して歩いてみてください。

ヒールを履くことは、足も長く見えますし、正しい歩き方をしていれば、緊張感とともに筋肉も使うので、足が引き締まる効果もあります。

ヒールは7センチくらいのものがベストです。

 

ダラダラ歩きから颯爽と歩くよう意識してみると、スタイルもよく見えるので、明日からやってみてくださいね。