モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

モデルの普段の生活の流れとは

昨日は、「撮影のある日の、モデルの1日」がどのようなものか?を簡単にお伝えしましたが、モデルになると普段はどのような生活になるのでしょうか。

オーディションに合格し、晴れてモデル事務所に所属でき、肩書きはモデル、となって、嬉しい気持ちと期待がある分、どのような生活になるのか、不安があるかもしれません。

 

1 勤務時間は固定ではない

 

モデルの仕事は、会社員のように、「月から金曜日週5日勤務、朝9時に出社して18時に退勤」というような固定のスケジュールにはなりません。

どんな仕事が入るかによって、勤務時間が異なるため、日々、自分のスケジュールを確認しながらの生活になります。

人気モデルの場合は、海外やに日本国内に数日行って撮影をする機会もあります。

雑誌やテレビのインタビューなどの取材に応じることもあり、毎日忙しくなることもあるでしょう。

 

2 オーディションと本番日の日程調整の流れ

 

モデルの仕事は、オーディションがあって選考され、仕事が決まることがほとんどです。オーディションは大体早くて一ヶ月前、大体は一週間前くらいに決まり、事務所からスケジュールの確認をされます。

そのときに本番日も出ていれば、日程を教えてもらえるのですが、まだ出ていないこともよくあります。

本番日は天候やスケジュール調整のための予備日も入れて、2〜3日設定されていることがあるので、もし予定が入っている日があれば、必ず事前に事務所に伝えましょう。

そうすることによって、事務所から、モデルのNG日として、先方のクライアント、キャスティング事務所の担当者に伝えてくれます。

まずは写真選考があり、イメージに合っている人がオーディションに呼ばれることになります。

その際に、本番日がNG日と重なってしまった場合、断られてしまう可能性もありますが、スタッフの皆さんに迷惑をかけないよう、スケジュールはきちんと把握して伝えましょう。

 

3 アルバイトやSNSで情報発信

 

なかなか仕事に恵まれず、1ヵ月先までスケジュールが真っ白ということもあり得ます。

モデルの生活は、個人によって忙しさに大きく差があるので、一部のモデルを除いては、アルバイトをしながらモデル業をしている人が多いのも事実です。

そして、最近は積極的にブログやSNSで情報発信をするモデルも増えています。

実名でSNSをすることにより、リスクもありますが、生活の一部を公開することにより、ファンが増える場合もあり、それがモデルの仕事につながる場合もあります。

 

4 自分磨きの時間を作る


日常生活の中で「自分磨き」の時間を取ることはモデルとして必要です。

美しいプロポーションと健康を維持することは重要ですし、感性を育むために色々な経験や勉強をすることも大切です。

外見だけではなく、内面も含めた「自分磨き」は、モデルの毎日の生活において、とても大切なことです。