モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

オーディションに応募するには

モデルになるための第一歩は、オーディションを受けることです。

オーディションの情報は、昔はオーディション雑誌くらいしかありませんでしたが、現在は、オーディション雑誌の他に、インターネットで検索することも可能になりました。

特に最近は、テレビやツイッターで募集していたり、アイドル、タレントの場合は、芸能事務所やレコード会社とテレビ局がタイアップしての公開オーディション番組などもありますね。

まずは、どんなジャンルを目指すかを決めましょう。

オーディションにも色々な種類がありますので、内容をよく確認し、応募期間、締め切り日の確認も忘れない様にしてくださいね。

 

1 オーディションの種類

 

1モデル
2タレント
3俳優(女優)
4歌手(アーティスト)
5声優 その他

2 オーディションの内容

 

1事務所所属オーディション

2イベント系公開オーディション
3雑誌専属モデル、読者モデル
4エキストラ募集オーディション その他

3 応募資格の確認

 

1年齢、性別
2身長、体重、スリーサイズ
3地域
4事務所所属の有無
5ダンス、歌の経験など(歌手、女優の場合)

 

4 オーディション開催の事務所の特徴

 

1所属モデル、タレントの確認
2養成所やスクールがあるか
3合格後すぐに仕事ができきるのか
4合格後レッスンを受けるのか その他

5 事務所の信用度

 

1有名な、知名度のある事務所か

2有名な所属モデルなどがいるか

3事務所の規模はどのくらいか

4事務所の歴史はどのくらいか

5詐欺や悪い情報がないか

 

以上のことをしかっりと確認してから、あなたがどういったジャンルで頑張っていきたいのかを明確に決めておきましょう。
色々なジャンルや、たくさんの事務所に応募するのは良くありません。
モデルも女優もアイドルもしたいという人は、まずはあなたに合ったジャンルを1つに絞ってみてください。
あなたがなりたいと思う仕事を決めておくことにより、その世界、ジャンルの情報をたくさん集められますし、それに見合った内容のオーディション対策ができます。
また、どこのモデル事務所などに入りたいか、しっかり決めておきましょう。

あなたが尊敬出来る、憧れるモデル、タレント、俳優、アーティストがいるなどでもいいと思いますし、例え有名なモデルがいなくても、事務所の評判がよくて、自分に似たタイプのモデルがいるのも、応募するきっかけの一つになると思います。

ネットや口コミで、事務所の評判を検索すると安心ですよ。