モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

モデルのヘアスタイル、ヘアケアについて 

モデルのヘアスタイル、ヘアケアについてお話したいと思います。

 

1 ヘアスタイルを勝手に変えない

 

前にもお話したと思いますが、モデル事務所に所属をしましたら、ヘアスタイルを変えるときは必ず事務所のマネージャーに相談が必要です。

宣材写真や事務所のホームページの写真が、モデルとしてのあなたの現在を表しており、その写真を元にオーディションや仕事のオファーがあります。

なので宣材写真と現在のヘアスタイル、髪の長さや色が大幅に違って、あなたのイメージが全く違うのはプロのモデルとしてあってあはならないことです。

クライアント、事務所に迷惑をかけないよう、基本的にそこは気をつけてくださいね。

 

2 40代のヘアスタイル、ヘアカラー

 

今回は自分に合わせて、40代というくくりでお話させていただきます。

30代〜50代くらいの女性モデルのヘアスタイルは、ショート、ボブ、セミロング、ロングと様々だと思いますが、アップスタイルにもできアレンジがきくことを考えると、セミロングくらいがおすすめです。

 

もちろん、ショートヘアも知的な雰囲気でおすすめですし、ロングヘアの女性らしいイメージもいいですね。

40代は経験上、お母さん役もかなり多いので、着物でアップスタイルにすることもあるためセミロングくらいあると役の幅が広がるかもしれません。

 

ヘアカラーは、そのような母親役も考えて、茶髪になりすぎない、ナチュラルな色がいいと思います。アッシュ系のブラウンカラーは上品でおすすめです。

白髪がもし気になる方は、ドラッグストアにマスカラタイプのタッチアップタイプの白髪染めがあるようなので、応急処置的に使用するのもいいですね。

 

3 ヘアケアについて

 

年齢を重ねると、お肌と同様に髪にこしやはりがなくなり、うねりも出てきてしまいます。生え際もちょっと気になってきたり、、

そして、ヘアケアの基本はお肌同様に清潔な頭皮だと思うのですが、シャンプーの仕方もポイントを押さえると、アンチエイジングになります。

 

1 シャンプー時は、指の腹で、頭皮を動かすように揉み解すようにマッサージしながら洗う。お顔のリフトアップにもつながり、むくみも取れます。

2 シャンプーはよく泡立て、髪には残りの泡を優しくなじませるイメージで。

2 リンス、トリートメントは毛先を重点的につけ、もみ込んで浸透させる。

 

シャンプー後はタオルドライし、濡れたままにしないでなるべく早くドライヤーで乾かします。キューテュイクルがはがれてきてしまうからです。

そのときは、アウトバストリートメントやヘアオイルを使用するといいですね。

そして、健康な髪のためには、紫外線を防止するヘアスプレーもおすすめです。

フェルナンダのヘアスプレーは、香りもよくUVカットもしてくれるので、1本バックに入れておくと便利ですよ。

www.amazon.co.jp