モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

歯のホワイトニングとは

昨日は歯並びについて書きましたが、歯の白さ、ホワイトニングに興味がある方のほうが多いかもしれませんね。

歳を重ねると、歯は少しずつ黄色に変色していきます。これは、表面を覆っている半透明の白色物質である「エナメル質」が、加齢に伴って磨耗し薄くなることで、内側の象牙質がより透けてみえやすくなるためのようです。

コーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈着することでも、ステインによる着色が起こります。

その他に、喫煙、虫歯や抗生物質の投与によっても歯が着色するそうです。

たしかに白い歯は清潔感があり魅力的かもしれませんが、わたし個人の意見では、あまりに白すぎて人工的だとかえって不自然に見えるような気がします。

歯を白くするには、どのような方法があるのか調べてみました。

 

1 つけ歯(セラミック)をする

 

芸能人やセレブ、インフルエンサーと言われる人、真っ白な歯の人たちは、大体がつけ歯、差し歯の場合が多いと思います。

方法としては、歯の表面を削って、セラミックの歯のチップのようなものを貼るようです。

日数もかからず手軽にできるかもしれませんが、金額も一本当たり10万円くらいするものから50万円?くらいまであるようです。

そしてわたしはやはり自分の健康な歯を削ってしまうのに抵抗があるので、あまりおすすめはできません。。

一度つけ歯をしてしまうと、ずっとやり続けないとならないようですし、自分の歯が虫歯になってしまったり、加齢で歯が悪くなってきたときはどうなるのか?色々考えると心配です。

でも、生まれつき歯の色に悩んでいらしゃったり、医学的に処置が必要で、自分に自信が持てるようになるのでしたら、そのような選択もいいと思います。

たくさんの審美歯科が今はありますので、歯並びと同じく相談してみてくださいね。

 

2 歯のブリーチ(漂白)をする

 

「オフィスホワイトニング」
歯に薬剤を塗ってLEDやレーザーなどを当てて白くしていくようです。

白さの実感が得られやすいという特徴があります。

 

「ホームホワイトニング」
歯科医院で利用方法を指導してもらい、マウスピースを使用して薬剤を処方されるというものです。

1ヶ月ほど毎日しっかり使用する必要があるようです。

 

どちらも数回施術が必要で、歯がしみやすい人、知覚過敏の人は注意が必要なようです。金額も、セラミックよりはかからないようですが、数回通えば5万円〜10万円くらいかかるにではないでしょうか。

 

わたしは歯がしみやすく、知覚過敏のため、現在は三ヶ月に一度歯のクリーニングをし、そのときに茶渋などは除去してもらい、普段は電動歯ブラシとホワイトニング効果のある歯磨き粉を色々使いわけ、毎日地道にケアをしています。

 

お酒は飲まないので赤ワインは飲みませんが、コーヒーが好きなので、なるべくコーヒーやカレーなどの色の濃いものを飲食した後は、可能なら歯磨きをするなど気をつけると多少色素沈着を防ぐことができるので、皆さんも試してみてくださいね。