モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

コロナ禍のモデル業について

私事ですが、今日で100回目のブログになります。

今年二月からブログを始め、新型コロナウイルスの自粛生活になった4月中旬からは、毎日記事を書いておりました。

しかしコロナ禍の影響で、モデルの仕事も激減し、オーディションも中止や延期が相次いでおり、不安な日々が続いておりました。

 

モデルになりたい、モデルをめざしている人に、少しでもお役にたてるような情報を発信できるようにと思って開設したブログですが、モデルの仕事が減ってきているこの世の中、どのようにしたらいいのか?悩んでしまいますよね。

 

各企業も、イベントや撮影が中止になり、業績悪化が懸念されると、やはり人件費を削りますので、モデルを使うような企業も、実際少なくなります。

オーディションも少なく、自宅にいる機会が多いので、いまできることを考えてみました。

 

自分磨きをする

 

自分磨き、というと漠然としていますが、モデルとしての自分の商品価値を高めることが、これからの仕事に結びつくのではないかと思います。

ただ美しいだけではなく、内面も輝いていると、表情も豊かになり、それが外見にも現れてくると思います。

例えば、本好きの方は、たくさん本を読むことで知識が得られますし、ヨガ、ランニング、ゴルフといったスポーツをやる方は、そのような運動をすることにより、健康になりながら、ダイエット、またはその運動関係の仕事のオファーが来たときに、アピールすることができますね。

例えば、スポーツクラブの広告、ゴルフウェアのモデル、といった案件ですと、運動をしているカットがあるので、実際の経験者が条件、ということもあります。

 

わたしも二年前にさせていただいた健康食品のお仕事の動画では、ランニングシーンがあり、実際最近ランニングをしていたため、それも選考していただいた理由だったのかもしれません。

オーディションでも、身体に気を遣っている事を質問されたので、食事関係もお話しました。

このように、モデルの仕事は色々な案件があるので、「このモデルはこの仕事に合っている」と思われるように、色々な世界に興味を持ち、実際経験できることはしてみるといいと思います。

わたしも、この歳になるまで、あまりに自分が無知で勉強不足だったことに愕然とし、まだまだ勉強して自分磨きを続けていこうと思っています。

 

何歳になっても、新しい事、新しい世界に足を踏み入れて挑戦すれば、たとえ失敗しても、その経験は必ず自分の人生にプラスになると信じて、、

話がそれましたが、自分磨きをしながら、一緒にがんばっていきましょう。