モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

ダイエットにおススメ1 ゆで鶏 

昨日はダイエットについて書きましたが、カロリー計算をしながら手のこんだ料理を作るのは大変ですよね?

わたしはめんどくさがりやで、できれば短時間で調理を済ませたいので、簡単に作れてダイエットにおすすめの食事をご案内します。

 

1 ゆで鶏(蒸し鶏風)

 

最近はコンビニでも「サラダチキン」が手軽に手に入りますよね。

外出時は非常に助かりますが、我が家では息子を始め、家族皆大好きでたくさん食べるので、鶏胸肉が安いときにたくさん買って作ります。

もも肉でももちろんいいですが、胸肉の方が脂肪分も少なく、安いのでおすすめですよ。

わたしはコストコに行くと、必ず鶏胸肉を買ってきて大量に作っちゃいます。

 

材料

とり胸肉2枚(600gくらい)

 

作り方

1 鶏肉にフォークで穴を全体にさす。(そうすると更にしみこみやすく、柔らかくなります。)

2 鍋に水と塩、砂糖、料理酒(お酒はどちらでもOK)を少々入れ、沸騰させる。

(水1000mlに塩大さじ1、砂糖大さじ1くらいですが、適当で大丈夫です)

3 鍋の水が沸騰したら、湯のなかに鶏胸肉を入れる。そうすると湯温が少しさがるので、強火にして再沸騰させる。

4 湯がボコボコと沸騰したら、火を止めてふたをする。

5 そのまま冷めるまで待つ。

6 余熱で中まで火が通るので、完全に冷めればできあがりです。

 

ゆで鶏余熱で放置

余熱で放置した状態です

むし鶏完成

完成です。わさび醤油、ゴマだれなどでいただきます。


見た目があまりよくなくてすみません、、

塩と砂糖で茹でてあるので、少し味はついていますので、そのままいただくのがカロリー的にはいいのかもしれませんが、わたしはわさび醤油やゴマだれなどでいただきます。

その他、ごま油と鶏ガラスープの素とネギでネギソースを作ってかけてもおすすめですし、ポン酢醤油でさっぱりいただくのもいいですね。


ポイント

1 そのまま茹で汁に浸しておけば、2〜3日は保存ができます。

2 低カロリーで高タンパクなので、ダイエットにもおすすめです。

3 ゆっくり冷ました方が、余熱でじっくり中まで火が通り、柔らかくしっとりとなります。

くれぐれも沸騰後に加熱をしすぎないよう、急速に冷やし冷まさないように気をつけてくださいね。

4 茹でた鶏胸肉のカロリーは、皮ありでおおよそ100gあたり210kcalです。皮なしだと115kcalくらいになるので、気になる人は皮は取り除いてください。

5 鶏胸肉はビタミンB6が豊富で、タンパク質をアミノ酸に分解する役割があります。食べたものを効率よく代謝させてくれるので、痩せやすい身体作りに適しているといえますね。