モデルになりたいあなたへ 

AOYMA OFFICE MODEL AGENCY 小松二美

ダイエット時の砂糖の代わりのオリゴ糖

先日、「てんさいオリゴ糖」について書いたときにも、オリゴ糖について説明しましたが、オリゴ糖は常備しています。

オリゴ糖というと、「オリゴのおかげ」が有名で、そんなにお安いイメージがなかったのですが、今日ドラッグストアで、コスパのいいオリゴ糖を見つけました。

 

エムズワン まいにちオリゴ糖

1000g 

税込 408円

ビフィズス菌を増やす甘味料で、トウモロコシが主成分でのイソマルトオリゴ糖
オリゴ糖・・・55%
分岐オリゴ糖・・・45%

 

お砂糖を大量に使用するのを少しためたってしまうときに、オリゴ糖が役立ちます。

人工甘味料はあまり使いたくないので、、

ただし、オリゴ糖は大量に摂取しすぎると、お腹がゆるくなってしまうので、少量から様子を見て摂取してみてください。

味は甘すぎず、まろやかに感じます。

 

オリゴ糖製品の有効摂取量は、1日あたり2~10gで、継続して摂取することが腸内のビフィズス菌を増やすには最適のようです。

ヨーグルトやお料理、コーヒーなどの飲みものなどに幅広く使えます。

 

f:id:marble82:20201009005200j:plain

手作りあんこにも、オリゴ糖を入れています

最近はまっている、ためしてガッテンの手作りあんこですが、回数を重ねるごとに、コツがわかり、いい煮具合になっています。

砂糖も入れるのですが、規定の半分くらいにし、あとはオリゴ糖で甘みを足しています。

 

そうすることにより、ダイエットにも役立ちますし、小豆本来の甘さも際立ち、美味しかったです。