モデルになりたいあなたへ 

AOYMA OFFICE MODEL AGENCY 小松二美

中秋の名月に、手作りあんこ

今週のお題「好きなおやつ」

いまはまっているおやつは、「手作りあんこ」です。

市販のあんこ、小豆も好きですが、先日ためしてガッテンで放送していた、煮小豆を母に教えてもらってから、はまってしまいました。

 

あんこといっても、固めで甘さ控えめにしているので、食感としては、栗をたべているような感じです。

便秘改善にも役立ち、美味しくて身体にいいので、毎日作り置きしています。

 

今日は実際の作り方をご紹介します。

 

ガッテン流 手作り香りあん

【材料】

小豆 250g
水 700ml
砂糖 90g(煮た小豆の重量の15%がおすすめ。お好みで調節してください)

 

f:id:marble82:20201001234215j:plain

北海道産の小豆です。左は1キロ1000円でした。右は250g

 

f:id:marble82:20201001234233j:plain

小豆を250g測ります

小豆250gを水700mlに浸して、12〜15時間置く

小豆250gを水700mlに浸して、12〜15時間置く

13時間冷蔵庫に入れて吸水させます

フライパンで強火でふたをして沸騰させます。そのあと弱火で30分

20分くらい煮たところ、水分がだいぶなくなりました

30分煮たらつぶしながら、砂糖を適量いれて混ぜます

40分くらい煮て、手作りあんこの完成です

 

【作り方】

小豆を水に浸し、冷蔵庫で16時間以上吸水させます。
※気温が高い時期は冷蔵庫で吸水させてください。冬は常温でも大丈夫です。
小豆と浸した水をそのままフライパンに入れ、フタをして強火で加熱します。
沸騰したら弱火にして、コトコト煮ます。
(豆が水面から顔を出したら、水を足してください)
30分ほど煮ると小豆の皮が破れはじめます。全体の半分ほどが割れたら火を止め、ザルで煮汁を切ります。
小豆をフライパンに戻し、砂糖とお好みで塩を加え、中火で温めながらヘラで潰すように混ぜ合わせて完成。
※保存する場合は必ず冷蔵庫に入れて、早めにお召し上がりください。

ためしてガッテン、公式サイトより引用)

 

今日は中秋の名月でしたね。

満月を見ながら、手作りあんこをいただきました。

砂糖を多めにすると、和菓子のようになりますし、少なめだと主食の代わりにもなります。

もっと柔らかく煮てつぶしてなめらかにしたら、パンに塗ってもおいしいですよ。

ダイエット中の方、モデルを目指している方にもおススメのおやつでした。