モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

FIFTY SHADES FREED〜フィフティ・シェイズ・フリード〜

ヴィクトリア・シークレットのモデルもしていたミランダ・カーは、日本で人気が出る前から笑顔が好きでした。

最近の海外モデルはあまり詳しくないのですが、健康的で笑顔のかわいい女性がに憧れます。

 

好きなハリウッド女優は、フィフティ・シェイズ・フリードに出ていた、ダコタ・ジョンソンです。

フィフティ・シェイズシリーズは、フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ、フィフティ・シェイズ・ダーカーに続く三部作の最終章です。

この映画は、主婦が書いた女性向けのエロティックな小説として「マミー・ポルノ」と呼ばれアメリカでベストセラーとなったものです。

が普通のラブストーリーではなく、少し刺激的な内容なので、好きずきがわかれるかもしれませんが、わたしはこの世界に引き込まれてしましました。。

物語の舞台が、わたしの留学していたポートランドで、Audiが出てくるのも親近感です。

 

ダコタ・ジョンソンは、この映画で初めてみたのですが、三部作の最後の方になると、どんどんきれいになっていきます

映画の中でも、女子大生だったアナが、クリスチャンと出会い、色々な経験をして大人になていく様子が描かれています。

 

辛い過去のある、大企業の社長のジェイミー・ドーナン演じるクリスチャン・グレイと、ダコタ・ジョンソン演じる誰ともつきあったことのない女子大生アナ・スティー

が出会い、最初は歪んだ恋愛関係だったのですが、真の愛情に変わっていく、、というような内容でした。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ、フィフティ・シェイズ・ダーカーは、Amazonプライムビデオで見ましたが、フィフティ・シェイズ・フリードは映画館で見ました。

大画面で美しい映像といい楽曲が聴けて、すっかり世界観にはまってしまいました。。

 

このシリーズは本当に曲がいいので、サントラ盤は全てお気に入りです。

アップルミュージックからダウンロードできますので、サウンドトラックだけでも聴いてみるのもおススメです。