モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

コストコのbibigoのビビンバの素

今日はダイエットの話題ではなく、、

美味しくて簡単にできるごはんをご紹介します。

 

コストコは月に一回くらい行くのですが、商品が定番のものと、入れ替わるものがありますよね。

食品は、豚肉、プルコギ、鶏もも肉などは毎回買っていますが、姉に勧められて初めて

買ってみたものが、bibigoの「ビビンバの素」です。

bibigoは、韓国の大手食品メーカー、CJ第一製糖で長年積み上げられた韓国料理のノウハウをもとに生まれたブランドだそうです。

普段このようなものはあまり買わないのですが、以前姉の家で食べたらすごく美味しかったので、自分で作ってみました。

作る、といっても混ぜるだけなのですが、、、

 

f:id:marble82:20200827001710j:plain

コストコに売っている、ビビゴのビビンバの素

f:id:marble82:20200827001734j:plain

野菜入り具材160g×4、コチュジャンだれ36g×4

f:id:marble82:20200827001722j:plain

今回は二袋使用しました。

パッケージの後ろに作り方が出ています。

1「野菜入り具材」の汁気を切る

2 ごはんお茶碗二杯分に「野菜入り具材」と、コチュジャンだれをかけて混ぜてできあがりです。

 

わたしは少しアレンジして作ってみました。

1 牛肉ともやしを炒め、焼き肉のたれで味付けする。

2 牛肉をとりわけ、フライパンにごはん、「野菜入り具材」、コチュジャンを入れて混ぜながら炒める。

3 牛肉をのせ、家にあるコチジャン、豆板醤で味を整え、ごま油をかける。

4 フライパンのまま食卓に出して、自分でスプーンでお皿にとりわけながらいただく。

 

小松菜をプラスすると更に彩りもよく美味しいのですが、家になかったため、緑が少なくなってしまいました、、

キムチをのせていただくと、より美味しくいただけますよ。

目玉焼きをのせてもいいですね。

 

f:id:marble82:20200827001656j:plain

すごいボリュームですが、フライパンのままテーブルへ

夏休みのお子さんのお昼ご飯にも、混ぜるだけなので簡単にできておススメですよ。

うちの息子は美味しいと言って何杯も食べていました。

辛すぎないので、小さいお子さんでも食べやすいと思います。

辛いのが苦手な方は、チーズや目玉焼き、韓国海苔をまぜてもいいですね。

 

原材料名

野菜入り具材(大豆もやし、人参、緑豆もやし、きくらげ、ぜんまい、セリ)、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、植物油脂、食塩、ごま、しょうゆ、香辛料/酸味料、コチュジャンだれ(コチュジャン、香味油、みそ、還元水あめ、食塩、砂糖、ごま油、魚介エキス、にんにく、魚醤、昆布エキス、酵母エキス、ポークエキス、ポークオイル、醸造酢、スルメパウダー、エビパウダー/調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、甘味料(アセスルファムK

※一部に小麦、エビ、いか、さけ、大豆、豚肉、ごまを含みます

栄養成分

ビビンバの素1袋(196g)あたり ※2人前

エネルギー:236kcal

たんぱく質:6.2g

脂質:9.4g

炭水化物:31.6g

食塩相当量:6.6g