モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

美容のために、みやここうじ

以前にも書きましたが、発酵食品は身体にいいので毎日欠かせません。

その中でも、米麹は母が作った物をもらったりしていましたが、最近は自分でも作っています。

「みやここうじ」をたくさん買って常備しているのですが、本日はみやここうじを使った、こうじの作り方をご紹介します。

 

米麹とは

米麹とは蒸したお米にカビの一種の麹菌を繁殖させたものです。

繁殖の過程で、さまざな酵素を作り出します。

その酵素がでんぷんを分解しブドウ糖たんぱく質を分解しアミノ酸を生み出します。

 

みやここうじ

醤油や味噌、みりんなど、麹は昔から日本人の食卓には欠かせない存在です。

麹を使った発酵食品である甘酒や塩麹は、「飲む点滴」「魔法の調味料」などと呼ばれ、近年大ブームとなりました。
麹が注目される理由は、食べ物の旨みを引き出し料理を美味しくするだけでなく、健康や美容にも優れた効果を発揮するからなのです。

食卓塩の代わりに塩麹、砂糖の代わりに甘酒など、麹パワーを日々の生活に取り入れてはいかがでしょうか。

 

麹のパワー

1 腸内環境を整えて、免疫力をあげる

 

麹に含まれる乳酸菌によって、腸内環境が整えられて、便秘の解消につながります。

また、必要な栄養素を吸収し、免疫力アップにつながります。

 

2 酵素の力で栄養価が上がる

 

素材が持つ栄養価以外に、麹菌が生み出す酵素の力によって、ビタミンやミネラルが豊富になり、美肌や体力回復に効果的です。

 

3 旨味と甘みが増す

 

麹菌には、タンパク質をアミノ酸に分解して旨味を作り、でんぷんをブドウ糖に分解し、甘みを作ります。

 

米麹の甘酒に含まれる栄養

ブドウ糖(グルコース)
ビタミンB群
食物繊維
酵素
必須アミノ酸

 

自家製甘酒の作り方は、炊飯器、魔法瓶、ヨーグルトメーカーで作れます。

昔は炊飯器で作っていたのですが、ヨーグルトメーカーで作るのが簡単ですよ 

 

材料

米麹(みやここうじ)200グラム

水 2カップ

  1. ヨーグルトメーカーの内容に水を入れ、電子レンジで1分ほど加熱して消毒する
  2. 鍋に水を入れ火にかけ、65度くらいになるまで待つ
  3. 米麹をヨーグルトメーカーの容器に入れ、63-65度のお湯を足してよく混ぜる
  4. 60度、6時間に設定したヨーグルトメーカーに入れる
  5. 保存容器に入れ冷蔵庫で保管する
 

一週間くらいで食べきるのがいいですが、使い切れないときは、キューブ状にして冷凍保存するのもおすすめです。

 

みなさん、今日から手作りの米麹ライフをいかがですか?

おいしくてくせになりますよ。