モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

ひざのヒアルロン酸注射

昨日書いたように、今朝も右ひざの痛みがひどいため、本日整形外科に行ってきました。

ロキソニンを飲んでも、湿布をしても、そのときだけ痛みが和らぎますが、押すと腫れているのがわかるため、整形外科に行くしかないと思ったのです。

整形外科は自転車で転倒した時と、スノーボードで転倒したとき以来なので、二年ほどぶりでした。

そう思うと、40代でよく転倒していましたね。。今思うと情けないです。

 

1 変形性膝関節症

 

1ひざに水がたまったら

 

病院についたら、まず診察があり、先生がひざを見て触り、腫れて炎症をおこしているので水が溜まっているかも、とおっしゃいました。

その後、レントゲンを左右のひざ中心に撮りました。痛くない左足も撮るのは、左右の違いを確認したいからとのことでした。

そして、結果はひざに水が溜まり炎症をおこしており、痛みがおこる。とのことでした。

治療方法は、ひざの水を抜き、ヒアルロン酸を注射することで、すべりがよくなるということでした。

姉が全く同じ症状で数年前治療していたので、もしかしたら。。と思っていましたが少しびっくりです。

 

2 膝の水をぬき、ヒアルロン酸の注射をする

 

最初先生に、注射の痛みは大丈夫かと聞かれたので、どれだけ痛いのかと思いましたが、、たしかに、少し痛かったです。

ひざの内側が腫れていましたが、注射は外側をしました。

水を抜いた後にヒアルロン酸を注入するのですが、注射あとから菌が入ってしまう可能性があるため、本日はお風呂を控えるよう言われました。

いま12時間経ちましたが、痛みは変わらないので、ロキソニンを飲みました。

ヒアルロン酸注射は、一週間おきに4〜5回続けてうたないと効果がないようなので、これから頑張って治療を続けていかなければ、と思います。

 

3 水がなぜ溜まるのか

膝に炎症がおこり、軟骨が磨耗するために水がたまる原因になります。大量に水がたまることが、圧迫感を伴う痛みの原因にな場合は、水を抜きます。しかし、完全に炎症が治まっていないために、再び水がたまります。このために、水を抜くことが癖になって水がたまるとの誤解をうむことがありますが、水は適切な治療により自然になくなります。

 

4 ひざの注射について

現在は主に2種類あります。一つは軟骨の保護剤のヒアルロン酸で、もう一つは炎症を抑えるステロイドホルモン剤です。

基本的には、ヒアルロン酸でも十分に痛みは軽減します。ヒアルロン酸は軟骨を再生する効果ではなく、軟骨の磨耗を少なくし、痛みも十分にやわらげるのです。時に、炎症が非常に強い場合は一時的にステロイドも使用します。