モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

ヨーグルトのダイエット効果は

ヨーグルトは常備していて、ほぼ毎日食べていますが、美味しいだけではなく、健康効果、ダイエット効果もある食材です。

すでに腸内にいる乳酸菌やビフィズス菌を増やすには、菌そのものを摂取することも必要です。

ヨーグルトは毎日手軽に腸内に乳酸菌を取り入れられます。

そして、腸内細菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維をしっかり摂って、腸内細菌を活性化させるといいそうです。

 

1 ヨーグルトの効果は

 

1免疫力をあげる

 

腸内環境を整えると免疫力がアップし、腸が健康だと、体内に侵入したウイルスもやっつけてくれます。

腸を健康にするために大切なことが、善玉菌を増やすことです。

善玉菌を増やすためには、エサになる食物繊維やオリゴ糖、発酵食品を摂る必要があります。

 

2 お通じがよくなる

 

ヨーグルトには乳酸菌、タンパク質、ビタミンB2、カルシウムなどがあり、便秘やダイエットに最適です。

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、老廃物のスムーズな排出を促す効果があります。

カルシウムは脂肪を排出し、タンパク質は筋肉を作るために必要です。

ビタミンB2は脂質やエネルギーに変える効果があるので、毎日食べることをおすすめします。

 

3 美肌効果

 

ヨーグルトは、肌荒れ、発疹、皮膚の乾燥によるかゆみにも効果的です。

そして意外にも、不眠などの症状にもおすすめだそうです。

 

2 食べるタイミングは?

 

朝ヨーグルトの効果


食前にヨーグルトを食べると、ヨーグルトに含まれるビタミンB2が、食事の脂質や糖質を分解してくれます。

食後に食べると、胃酸が薄くて腸に届きやすいので、便秘解消に効果的です。

 

夜ヨーグルトの効果

 

朝食というイメージが強いヨーグルトですが、ダイエット目的の場合、夜に食べる方法がおすすめです。

腸内環境改善に加え、不要な脂肪や糖質をため込まない体質になりたいですね。

夜は食後にヨーグルトを食べることで、善玉菌が夜間に腸内で活性化し、腸内環境を整えつつ老廃物や有害物質を減らしてくれる働きがあります。

22時から翌2時が、腸内の働きが最も活発になるため、この時間に合わせてヨーグルトを食べると、腸の働きをさらに活発にさせます。

よりダイエット効果がほしい人は、夜、食後にヨーグルトを食べることをおすすめします。

夕食後にヨーグルトを食べる場合、寝る直前、または22時以降は太りやすくなるため、できる限り21時までに食べるのがおすすめです。

 

ヨーグルトを毎日の食生活に上手に取り入れれば、やせやすい体質に改善できるでしょう。