モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

麦茶の美容効果と作り方

わたしはお酒を飲まずお茶が好きなので、このブログでは、以前も色々なお茶について書かせていただきました。

何十年と、自宅では色々な冷茶を作って冷蔵庫に常備していますが、夏は水分をとる機会が多いので、お水や炭酸水以外にも冷茶は多めに頻繁に作ります。

緑茶、ほうじ茶が基本ですが、夏と言えば麦茶かと思うので、最近は麦茶を作り置きしています。

 

麦茶は子供から大人まで幅広く飲めて、何気なく飲んでいる方も多いと思いますが、実は健康にも美容、ダイエットにもよく、もちろんモデルにも相応しい飲み物です。

本日は麦茶の効果をお伝えいたします。

 

1 麦茶の健康効果は?

 

麦茶は、大麦を炒って茶葉として使用したもので、通常は添加物が全く入っておらず100%天然のものでできています。

大麦はカフェインも入っていないのでカラダに優しいだけではなく、汗と共に失われやすいミネラルを補ってくれるという効果があるので夏にぴったりな飲み物です。

その他に、抗酸化作用、血行促進、体を冷やしてくれる、胃の粘膜を守ってくれる、虫歯予防(麦茶にはバクテリアの定着を予防する効果があるそうです)、血液をサラサラにする、アンチエイジング効果、などがあります。

その他には、

体内の余分な塩分や水分を流して、むくみを改善してくれるカリウム
日焼けで肌に取り込まれてしまったメラニン代謝をよくする亜鉛
コラーゲンを育成するケイ素などのミネラル成分

があるそうです。

これだけみても、身体に優しくて健康効果がたくさんあるのがわかりますね。

 

2 麦茶の美味しい、簡単な作り方

 

麦茶というと、やかんやお鍋で煮出すイメージがあると思いますが、煮出すのは香りやこくが出て美味しいのですが、時間と手間がかかりますよね。

水出しも簡単ですが、こくも出て美味しく簡単に作る方法をご案内します。

 

1少量の湯に麦茶パックを浸して抽出する、または、300ミリリットルくらいのお湯に麦茶パックを10分くらい時間を置く。

2その後に、お水を足す。

 

わたしは、麦茶以外のお茶も全て、300mlくらいの少量の沸騰したお湯にお茶パックを浸し、10分くらい時間をおいてからブリタのお水を足して、冷茶を作っています。

好みにもよりますが、水だしよりは濃く出て、煮出しより簡単にできるので、おすすめですよ。

 

暑い夏の日は、キンキンに冷えた麦茶が美味しいですが、健康効果を考えると、常温の麦茶を飲むのが、より身体にいいそうです。