モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

キレイになる栄養素

体にとって大事な栄養素とは、たくさんありますが一体どのようなものでしょうか?

栄養素は、食べ物の中に含まれているさまざまな物質のうち、人間のからだに必要不可欠な成分です。

いろいろな栄養素がありますが、今回はきれいになる、ビタミンとミネラル、そしてコラーゲンについてお話致します。

 

1 ビタミンとは?

 

ビタミンには、いろんな種類があります。

ビタミンAは、粘膜を丈夫にし、免疫力を高める働きがあります。

ビタミンCは、酸化防止作用があり、ダメージから細胞を守るのを助けます。

ビタミンCがお肌に良いとされているのは、この細胞活性化が促されるためです。

ビタミンBビタミンEには、抗酸化作用や老化防止などの効果があり、これが不足してしまうと、免疫力や代謝活動に影響が出てしまいます。

さらにビタミンB2B6、には疲れや精神安定、美肌効果も期待できます。

ビタミンB2が含まれる代表食材は豚レバー・鶏レバー・牛レバー・うなぎ・牛乳など

ビタミンB6が含まれる代表食材かつお・まぐろ・牛レバー・さんま・バナナなど

ビタミンB12が含まれる代表食材は、牛レバー・鶏レバー・カキ・さんま・あさりんどがあります。

 

2 ミネラルとは?

 

ミネラル、というとミネラルウォーターなどという言葉はよく聞きますが、一体どにょうな栄養なのかと思いますよね。

ミネラルの代表としてはカルシウムやマグネシウムカリウム、鉄などがあります。

免疫力アップや、疲労回復、基礎代謝アップ、脂肪燃焼、シミやそばかすを防ぐ、アンチエイジング、精神の安定など、ミネラルには、こんなにたくさんの効果があります。

カルシウムを多く含む食材は、牛乳、ヨーグルト、チーズ、青野菜など

マグネシウムを多く含む食材は、全粒シリアル製品、乳製品、ベリー類、オレンジ、バナナなど

カリウムを多く含む食材は、豆類、ジャガイモ、豚肉、野菜、果物、魚などになります。

 

3 コラーゲンとは?

コラーゲン成分は、血管を強くして血をサラサラにしてくれたり、お肌のハリをキープしてくれる栄養素です。

コラーゲンが不足してしまうと、傷が治りにくくなったり、肌や髪のツヤが悪くなったりするので、女性にとってはとても大事な栄養素ですよね。

コラーゲンを豊富に含む食品には、動物性食品と海洋性食品があります。

お肉やお魚は、手羽先や軟骨など骨に近い部分の肉だとより多くのコラーゲンがあります。また、魚でも骨の部分に多く含まれているので、骨を食べられる魚や、皮ごと食べるのも良いでしょう。

その他、ゼリー、プリン、杏仁豆腐、ゼラチンなど、ぷるぷるしたスイーツに含まれていますが、カロリーが高いので、食べ過ぎには気をつけましょう。

 

最近血色が良くなくて、クマができてしまった人は、鉄分やコラーゲンが不足しているのかもしれません。

自分の肌の調子をよく見ながら、身体に合った栄養を取り入れるようにしてみてくださいね。