モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

ハイヒールで足が外反母趾になったら

モデルの仕事では、 ヒールの靴、パンプスを履く機会が多い仕事です。

もちろん、モデルに限らず、オフィスワークの方やCA、ショールームレディなど、ハイヒールが必須な職種もあります。

モデルの撮影時には、黒、ベージュ系のパンプスを持参する場合もありますので、プレーンなデザインのパンプスを一足は用意しておくといいと思います。

 

ハイヒールの靴は、身長も高くスタイルよく見せてくれますし、背筋も伸びてファッショナブルなため、プライベートでも好んで履く方も多いと思いますが、長時間、長期間履いていると、痛みやトラブルが起きてしまいます。

 

1 足の指の痛み

 

ヒール靴をはいていて経験するのが、足の痛み、靴ずれ、角質が厚くなる、捻挫などのトラブルでしょう。

治るまで不便で、見た目にも影響します。

 

2 外反母趾

 

足の親指の先が人さし指のほうに「くの字」に曲がり、親指のつけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。

第1中骨(足の付け根の部分の骨)が内側に広がっています。

その突出部が靴に当たって炎症を起こしてズキズキと痛みが起こり、ひどくなると靴をはいていなくても痛むようになります。

わたしも長年、外反母趾に悩まされてきました。

無理して靴を履き続けることにより、第1中足骨頭の内側部分の隆起(バニオン)ができ、皮下滑液包炎などを発症することがあります。

皮下滑液包に炎症がおきて水が溜まりすぎる状態が皮下滑液包炎(バニオン)で、腫れ、痛み、赤くなるなどの症状が現れます。

さらに外反母趾が進行すると歩く時に足の裏にかかる力が崩れ、一定の同じ場所にタコができるなどの症状が現れる場合があります。

健常な足の骨格には、縦のアーチと横のアーチがあり、このアーチがあることでうまく歩行ができます。

ヒール靴はその形から直接足を圧迫して障害を起こすだけでなく、このアーチの崩れを起こします。

 

3 外反母趾のチェック方法

 

親指の付け根が痛くないか(特に靴に当たった時に痛みがないか)親指や人差し指の関節の下が痛くないかなどをチェックすることができます。

自分で定規を使って測ることもできます。測り方は簡単で、足を紙の上に置き、足の内側のラインを定規でひきます。

その後親指のラインを引き2本のラインによってできた角度を分度器で測ります。角度が0〜15度の場合正常、15〜20度の場合軽度、20〜40度の場合中等度、40度以上の場合重度だと判断できるようです。

 

より正確に知りたい場合、病院でレントゲンを撮ってもらい診断してもらいましょう。