モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

セルフ脱毛はどうなのか

昨日は、サロン脱毛と医療脱毛の違いや、それぞれのメリット、デメリットをお伝えしましたが、セルフ脱毛をしている人がやはり一番多いかと思います。

わたしもいままでは、セルフ脱毛派でした。

セルフ脱毛は、コストもそんなにかからず、何といっても好きなときにできるのがいいですね。

セルフの場合は、電気シェーバー、毛抜き、カミソリ、脱毛クリーム、脱毛ワックスなどが、コストパフォーマンスもよく、手に入りやすいためにお手軽にできるツールですが、他に、脱毛器の使用で、脱毛をする方法もあります。

 

1 セルフ脱毛のコストは

 

自宅でムダ毛処理をするための上記の商品は価格が比較的安いため、利用している人も多いでしょう。

ただ、これらのツールを何年も使用していると、意外と高額になってしまうのです。

セルフ脱毛にはさまざまな種類がありますが、最も安いのはカミソリかもしれません。

しかし、カミソリも替え刃を定期的に交換したり、本体を変えたりすると、数千円かかります。

除毛クリームや脱毛ワックスを使うと、1回1000円以上かかるので、使い続けると

こちらも意外と金額がかかってしまいます。

 

2 家庭用の脱毛器のコストは

 

その他に、今は自宅で簡単に脱毛できる家庭用脱毛器がたくさん発売となっています。

「トリア」など、聞いたことがある人もいるでしょう。

家庭用脱毛器は、大体の本体価格が5~10万円程度で、1台あると全身使用できるものがほとんどのようです。

別売りのカートリッジも購入できますし、これ1台で全身脱毛ができるので、家庭用脱毛器はかなりコスパが高いでしょう。

 

家庭用脱毛器のメリットは、コスパがよく、いつでも脱毛できることです。

デメリットはプロに任せるサロンやクリニックに比べて、脱毛ができていない箇所ができてしまったり、肌トラブルが自己責任となってしまう点です。

家族や友人と一緒に使用する場合はかなりお得になりますが、そういったデメリットもしっかり把握しておくことが大切ですね。

 

3 セルフ脱毛ならどれがいいのか?

 

わたし個人の意見ですと、わたしくらいの年齢で、そんなに毛深くないかたは、うで、あしはセルフ脱毛でもいいのではないかと思います。

ワキは比較的短期間で脱毛できますし、うでやあしよりムダ毛が気になる箇所だと思うので、家庭用脱毛器、またはサロン、クリニックで思い切って脱毛してもいいかもしれませんね。

わたしはわきはクリニックで医療脱毛をしましたが、今ではすっかり生えてこなくなり、肌も綺麗になり、もっと早くやっておけばよかった、と思いました。

 

家庭用脱毛器はトリアやケノンなど色々出ているので、わたしも調べて試してみたいと思いました。