モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

モデルがスクールなどで学ぶことは

モデルになるためには、何か資格が必要なわけではありません。

美しいバランスの取れたプロポーションや、個性などを備えていれば、モデルになれる可能性があります。

 

ただし、モデルになりたいという人はたくさんいるので、誰でもモデルとしての仕事ができるわけではなく、活躍できる人も多くはないのが現実かもしれません。

モデルの世界はその都度、新しい人材が現れてくるため、モデルたちは日々レッスンやトレーニングをして、自分磨きをしています。

モデル事務所に入る際のオーディションに合格するために、レッスンを受けてから応募する人もいます。

レッスンを受けるにはどのようにしたらいいでしょうか?

 

モデルの養成スクールに通う

 

モデルの養成スクールは、モデルになる上で通える環境でしたら通うのもいいでしょう。スカウトされた場合は、費用は事務所が負担してくれるため、無料で通うことができます。

モデルの養成スクールの料金は、大体10万円〜30万円台で受けることができます。

スクールを卒業すると、モデル事務所に所属できるケースが多いようです。

モデルの養成スクールでは、どのようなことを学ぶのでしょうか。

 

1 ウォーキングの勉強


モデルになると、ファッションショーのイベントに出演することもあります。

ショーモデルになるには、身長が170センチ以上ないと難しいかもしれませんが、最近はフロアショーや通販番組のモデルなど、身長がそこまで高くなくても、ウォーキングのある、ショーへの出演の仕事ができる場合もあります。

ウォーキングはモデルの基本の知識として、知っておく必要があります。

モデルらしい歩き方、ターンの仕方などを、実践を繰り返し、習得していきます。

ウォーキングはプロのモデル講師から教えてもらうため、正しい姿勢、歩き方を学ぶことができます。

 

2 ポージングの勉強


ポージングは、モデルにとって必要不可欠なスキルなので、勉強する必要があります。

モデルは、仕事の内容によって、色々なバリエーションが求められます。

ファッションの撮影でしたら、主役の服をいかに美しく見せるかが大事になりますので、ポージングも服を際立たせるものになります。

スポーツウェアでしたら、アクティブなポーズ、フォーマルウェアでしたら、品のある美しいポーズ、など、、指示される場合もありますが、自分で考えて動く必要があります。

スチールの現場で最も重要になるのは、ポージングや表情の作り方です。

カメラを向けられたときにポーズを決め、その撮影にふさわしい表情ができるかどうかは、やはり日々の練習の成果に表れてきます。

このように、仕事の幅を広げるために、さまざまなポージングをスクールでで学び、自分の個性を引き出す方法を考えるといいでしょう。