モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

モデルに向いているのは

モデルに向いているのはどのような人でしょうか?

モデルに向いている人、モデルの適性のある人についてお伝えします。

 

モデルという仕事は人から注目を集める仕事なので、「人を惹きつけることができる」「カリスマ性がある」ということがとても重要になります。

 

1 カリスマ性があり、オーラがある人


モデルは人に注目をされる仕事です。

商品を宣伝するのが、モデルの重要な役割になります。

モデルというのは、洋服やアクセサリーなどを身につけることで「こんなふうになりたい!」と一般の人に憧れを抱かせることが大切です。

人気モデルになれば、そのモデルが広告に出演した商品が売れたり、そのモデルのライフスタイルが注目されます。

メイクをまねしたい、モデルの持ち物、服を購入したい、と思われるような、人に憧れられるような、カリスマ性とオーラのある人がモデルに向いているでしょう。

 

2 注目されるような努力のできる人

 

人から注目を集めなければ、オーディションで合格して選ばれることは難しいので、人に注目をされる努力ができる人がオススメです。

モデルにとって自分に注目してほしいということはとても大切なことなので、自分に自信がある方、人に注目されたいという気持ちがある方には、オススメの仕事であると言えるでしょう。

それは、目立ちたがりやとは違います。人を押しのけて、注目してもらおうとするのではなく、あくまで自分自身が基準で、自分の中で常にベストを尽くして自信を持っていれば、注目されてくると思います。

 

3 度胸があり、物怖じしない人


モデルの撮影場所は、スタジオばかりだとは限らず、外に出て撮影することもあります。外では、カメラマンやヘアメイクさんやスタッフがたくさんいて目立ってしまい、撮影していることが分かってしまうので、どうしても注目を集めてしまいます。

たくさんのギャラリーに囲まれて撮影することもありますし、スタジオでの撮影の場合にも、スタッフがたくさんいる中で撮影することがほとんどですので、恥ずかしがってはいい表情が作れません。

 

スタジオだと良い表情を作ることができるのに、屋外での撮影では全く良い表情を撮ることができない場合もあります。

どのような状況の撮影でも、堂々と求められたパフォーマンスができる度胸もモデルには必要であると言えるでしょう。

 

4 センスがよく、美意識が高い


「人に見られる仕事」のため、常に自分磨きをしておくことも大切です。

流行にも敏感で、センスを常に磨いておくことも大切です。

人から見られているという仕事ということを意識して、仕事に取り組むことができる人がモデルに向いていると言えるでしょう。