モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

パーツモデルのメリット、デメリット、収入は?

昨日はパーツモデルの種類についてお話をしましたが、一体収入はどのくらいあるのでしょうか?

手や足のパーツモデルのなり方や収入について、お伝えしたいと思います。

 

1 パーツモデルになるには

 

パーツモデルになるには、通常のモデルになる方法と同じく、モデル事務所に所属する必要があります。

モデル事務所に所属しないでパーツモデルをすることも不可能ではありませんが、手や足専門の読者モデルといったものもありませんし、パーツモデルの依頼先の多くは企業であるため、個人でやるのは難しいでしょう。

企業はパーツモデルに直接コンタクトを取ることはなく、基本的にはモデル事務所に仕事の依頼をするのが一般的です。

そのため、パーツモデルになるには、モデル事務所に所属するのが一番大切で、確実な方法です。

 

2 パーツモデルの収入は

 

パーツモデルの収入は、1回の撮影で1~10万円くらいです。

1回の撮影で1万円だとしても、普通のアルバイトよりは割がいいかもしれませんが、パーツモデルの仕事は月にしたら少ないでしょう。

そのため、1ヶ月で数回の撮影で、収入は数万円程度にしかならないこともあり、パーツモデル全体での平均的な収入は少ないことが多いです。

1ヶ月仕事が全く無い可能性もありますので、パーツモデルのみで生計を立てようとするのは、よほどの売れているベテランモデルさんではないと、難しいかもしれませんね。

 

3 パーツモデルのメリット

 

しかし、いい面もあります。

モデルの仕事は、「競合」というものがあるからです。

例えばモデルのAさんが、A社の化粧品メーカーの広告に出演していると、その契約期間中はB社の化粧品メーカーの広告には出演できません。

しかし、パーツモデルでしたら、本人を特定できないため、もしも依頼が重なってしまっても、競合なく出演が可能になります。

そのように、「割の良い副収入を得られる」と考えれば、パーツモデルは魅力的な仕事でしょう。

 

4 パーツモデルのデメリット

 

以上をふまえますと、パーツモデルは効率がよく、お金のかからないモデルのように思いますが、実は意外と出費が多く、ときには赤字になることもあります。

これは普通のモデルも同じですが、パーツモデルとしての自分を売り込むために宣材写真やアルバムを制作すると、撮影費用やコンポジットなどの制作費用に、数万円程かかります。

また、これも通常のモデルにも言える事ですが、オーディションに行くための交通費などは自腹ということが多いです。

そして、一番の出費となるのもは、パーツモデルは手や足などのパーツをケアするための美容にかける費用が人一倍かかってきます。

美容クリームを購入したり、エステ、マッサージでパーツを定期的にケアをする方もいるからです。

パーツモデルを目指す場合は、そのような心構えを持ち、できれば最初は副業を持ちながら活動をすれば安心です。