モデルになりたいあなたへ 

foo〜モデル歴31年の、18歳の息子の母です〜

モデル事務所に所属するのがいいのか?

みなさん、モデルになりたい!と思ったことが、一度はあるかと思います。

 

モデルというと、敷居が高い、なかなか手の届かない職業のように思うかもしれませんが、モデルの仕事は色々な種類があります。

 

誰でもできる可能性があると、わたしは思います。

わたしは18歳からモデルの仕事を31年間させていただいていますが、その年代にあったお仕事が必ずありますので、モデルを始めるのには、年齢も関係ないと思います。

 

モデルになるためには、まずどうしたらいいのでしょうか?

 

1 モデル事務所に所属する

  

一般的に一番多いのが、モデル事務所に所属をする事です。

モデルエージェンシーとマネジメント契約を結び、活動します。

  

モデルエージェンシーでは、プロのモデルとして必要な知識や技能を習得するために、レッスンを受けることができます。

プロモーションのための宣材写真などの資料を作成し、スケージュルを管理しマネジメントしてくれます。

 

所属の方法は、自分から応募をする、または紹介やスカウトもあります。

  

モデル事務所には、それぞれ所属しているモデルの特徴があるので、ホームページなどで確認し、自分に合った事務所を選ぶとよいでしょう。

  

若いモデルが多数所属している、ティーン雑誌に強い事務所や、大人の女性が多く所属していれば、ミセスの仕事が多い、などあるので、ご自分の年齢、キャラクターを理解し、自分の魅力を生かせる事務所を見つけてくださいね。

 

モデル事務所のホームページに募集要項の記載がある場合は、年齢、身長、など条件が合っているかを確認してください。

 

*日本モデルエージェンシーの会員のモデル事務所から探すのも、おすすめです。

 

2 読者モデルに応募する

  

女性誌では、年に一回など読者モデルを募集している雑誌があります。

読者モデルのほとんどが、モデル事務所に所属していないでしょう。

  

応募条件に、モデル事務所に所属していないこと、と記載されている場合もありますので、よく確認してください。

読者モデルは、その雑誌のイメージに合うかが一番重要ですので、もし気になる雑誌がある場合は、そこに出ているモデルを研究するといいと思います。

  

読者モデルから、その後モデル事務所に所属し、プロのモデルになった方もたくさんいます。

 

ただし読者モデルは、その雑誌の専属モデル契約を結ぶ場合があり、契約期間中は、他の媒体には出演できない事がありますので、よく条件を確認してから応募してください。

 

 

f:id:marble82:20200418024430j:plain

モデル事務所は、口コミなどよく調べましょう